ウェブサイト・YouTube・SNSの広告を非表示にする方法【AdBlock(アドブロック)導入】

web

ウェブサイト・YouTube・SNSの広告を非表示にするAdBlock(アドブロック)導入について。実はAdBlockはデメリットのほうが大きいのですが・・・。

AdBlock(広告ブロック)とは

インターネット広告をブロックして、ウェブページを見るときに広告が表示されないようにするツールやアプリのことです。

例えば、お気に入りのウェブサイトやYouTube、SNSを観るときに、邪魔な広告が表示されなくなります。AdBlockを使うと、ウェブサイトがすっきり見えて、広告が気にならないようになります。

AdBlockは広告業者や悪意あるマルウェアからユーザーのプライバシーを保護する機能も備えています。一般的には、Webブラウザの拡張機能として提供され、主要なブラウザに対応しています。

しかし、AdBlockを導入するとユーザーにとってのデメリットの方が大きいので、それについても下記でお話しします。

 

AdBlockを導入していない状態(広告が表示される)

 

AdBlockを導入した状態(広告が表示されない)

 

AdBlock(広告ブロック)のダウンロード

検索でAdBlockと入力すると様々なアプリが出てくるので、ダウンロード数の多いアプリや評価の高いアプリを選択するのが無難です。

 

例えば Google Play で検索すれば下記のような 一覧が出てきます。

https://play.google.com/store/search?q=adblock&c=apps&hl=ja&gl=US

 

chrome ウェブストアで検索すればこのような感じ。

https://chromewebstore.google.com/search/AdBlock?hl=ja

 

インストールはとても簡単で、ダウンロードしたアプリの指示に従えばすぐにブラウザに設定ができます。
ブラウザによってインストール出来るものが違うので、使用するブラウザに合わせて選びましょう。

またAdBlockには、広告制限の「ON/OFF」の切り替えのスイッチもついているので、必要な時に切り替えてうまく使うようにしましょう。なぜ、切り替える必要があるかはデメリットのところで解説しています。

 

私は自己広告の表示を避けるために「AdBlock — 最高峰の広告ブロッカー」を使っています。

 

AdBlock(広告ブロック)のメリットとデメリット

一見、いいことづくめのAdBlockの機能に思えますが、もう少し詳しく メリットとデメリットを見てみます。

AdBlock(広告ブロック)のメリット

  • 広告排除: AdBlockはウェブページ上の広告を非表示にし、ユーザーによりクリーンな閲覧体験を提供する。
  • 通信容量削減: 広告データのダウンロードを防ぐことで通信容量が削減され、ページの読み込みが高速化される。
  • YouTube広告スキップ: AdBlock系機能はYouTubeの広告をスキップする場合があり、動画視聴をスムーズにする。
  • 快適なインターネット利用: 広告ブロックにより、インターネットの利用が快適になり、邪魔な広告の表示を回避できる。

AdBlock(広告ブロック)のデメリット

  • サイト表示の問題: AdBlockを使用すると、一部のサイトが正常に表示されないことがあり、CSSが適用されずにレイアウトが崩れることが報告されています。
  • セキュリティ損失: 広告ブロックツールは、すべての広告をブロックするわけではなく、一部の広告が悪意のあるソフトウェアを伝播する手段となる可能性があります。
  • 機能の障害: 広告をブロックすることで、一部のウェブサイトの重要な機能が正常に動作しなくなることがあり、例えば、インターネットショッピングサイトのカート機能やフライトの予約エンジンが影響を受けることが報告されています。
  • Youtubeでの意図的な?速度低下。そもそもYouTubeは、広告ブロッカーの利用は規約違反と明言しているので、極度な速度低下が起こっても文句は言えない。

 

メリットとデメリットを比較すると上記のようなことがあげられ、デメリットの方が大きすぎることがわかります。

 

邪魔な広告を排除することにより、自分の欲しい情報だけをより的確に入手できるように歌われていますが、実際には弊害の方が大きく、深刻なのです。

娯楽として動画を見るのであればその途中で広告が出なくなることは非常に嬉しいのですが、仕事で必要な情報を探す時など、アドブロックによりその情報が表示されなかったりスキップされる可能性があるので、それが一番危ういところです。

 

  • 広告配信をする代わりに無料でテレビ番組などを見れるサイトはAdBlockをオフにしておきましょう。
  • SNS でシェアする際のタグを表示させる場合には、AdBlockをオフにしておきましょう。
  • その他、欲しい情報ページに飛べなかったり、飛んだ先で情報がまるまる抜けている場合などにもAdBlockをオフに切り替えてみましょう。

 

 

以上、ウェブサイト・YouTube・SNSの広告を非表示にする方法【AdBlock(広告ブロック)導入】についてでした。

 

 

hajizo
おやすみなさい~
SSL GMOグローバルサインのサイトシール