google_analytics_logo_icon

アナリティクス アカウントを作成するか、
Googleアカウントにログインする

 

Googleアカウントを持っていない場合


https://analytics.google.com/analytics を開きます。
Googleアカウントが無ければ登録します。

1-googleアカウント作成

(Googleアカウントが無ければGoogleアカウントを作り)Googleアカウントにアナリティクス設定を紐づけます。

 

アナリティクスの設定を追加する場合


1-2-アナリスティック-プロパティ追加

「プロパティを作成」で新たなプロパティを追加できます。

 

アナリティクスの設定

 

ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成


2-1-プロパティを作成

  • プロパティ名:サイトタイトルなどの判別し易い名前にします。
  • レポートのタイムゾーン:日本を選びます。
  • 通過:円を選びます。

「詳細オプションを表示」をクリックすると「ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成」が表示されます。

 

2-2-プロパティを作成-詳細オプション

右上の切り替えアイコンを「オン」にすると「ユニバーサル アナリティクスのプロパティ」の設定が出ます。

  • ウェブサイトの URLを記入します。(http://かhttps://か間違えないように。)
  • 「ユニバーサル アナリティクスのプロパティのみを作成する」を選びます。

「次へ」を押します。

 

2-3-プロパティを作成

該当するものを選び、「作成」を押します。

 

2-4-トラッキングID取得

画面が切り替わります。基本的な設定はこれで終わりです。
次に、プロパティが追加されたことを確認するために、左下の歯車アイコン「管理」をクリックします。

 

2-5-一覧確認

設定されたプロパティを確認するには「下向き三角形」を選びます。
追加したプロパティ名が表示されるので、クリックして再び詳細を見ます。

 

2-6-トラッキングID表示

  1. 対象のプロパティ名が表示されます。
  2. 「トラッキング情報」をクリックします。
  3. 「トラッキングコード」をクリックします。
  4. トラッキングIDが表示されました。
    WordPress テーマなど、トラッキング ID だけを入力する箇所が設定されている場合には、この ID を入力します。
  5. サイトタグが表示されました。
    通常の Web サイトであったり、トラッキング ID の入力指定がない場合には、このタグを丸ごと<Head>タグ内に貼り付けます。
  6. トラッキングコードの設定が終わったら、管理画面からアクセス解析画面へ移ります。

 

注意事項
この解析タグはすべてのページに貼り付ける必要があります。
新規ページを作った場合にも貼り忘れをしないために、自動で貼り付けてくれる機能(WordPress プラグインなど)を使います。

 

 

3-1-アクセス解析確認

Web サイトを表示すると、アクセスしたことになり、 アクセス数が表示されます。

 

Google アナリティクス 4 プロパティの作成


10-1-注意事項

注意事項

これから設定する「Google アナリティクス 4 プロパティの作成」が可能なサイトは、上記赤枠のタグを丸ごとサイトに貼り付けている場合だけです。

WorsPresssテーマによっては「UA-XXXXXXXXX-X」だけを張り付けるための場所が用意されているものがありますが、その場合にはGoogle アナリティクス 4 での計測は出来ません。

 

では、作成します。

 

10-2-GA4設定アシスタント

先に作った「UA-XXXXXXXXX-X」にリンクさせるので、複数「UA-XXXXXXXXX-X」がある場合には、設定する「UA-XXXXXXXXX-X」を選んでおきます。
「GA 4設定アシスタント」を選びます。

 

10-3-GA4作成

「ようこそ」を選べば、GA4へのリンクは完了です。

 

10-4-GA4確認

GA4の画面が出て、「〇〇〇〇〇〇に接続しました」とメッセージが出ます。
「接続済みのプロパティを開く」を選ぶと、「UA-XXXXXXXXX-X」側の画面が出ます。

 

10-5-GA4アクセス解析確認

Web サイトを表示すると、アクセスしたことになり、 アクセス数が表示されます。
(「UA-XXXXXXXXX-X」にリンクしているのでGA4用のタグを埋め込む必要はありません。)

 

10-6-GA4タグ確認

なお、GA4のタグを見る場合は、メニューの「データストリーム」>表示されたサイト名>「グローバル サイトタグ(gtag.js) ウェブサイト作成ツールや、CMS でホストされるサイトをご使用の場合、このタグを設定」をクリックする事で表示されます。
GA 4だけで解析をする場合には、このタグ一式を<head>タグ内に貼り付けます。

 

プロパティの削除方法

ユニバーサル アナリティクス プロパティだけを作成している場合

 

20-1-UA-削除

「UA-XXXXXXXXX-X」側の画面を出して、「プロパティ設定」を選びます。
右上の「ゴミ箱に移動」を選びます。
ゴミ箱に移動され、プロパティ名が打ち消し線になります。35 日後に完全に削除されます。

 

Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクスの両方作成している場合

 

21-1-削除できません

上記と同じ方法でゴミ箱に入れようとすると、このようなメッセージが出てゴミ箱に入れることができません。
これは「G-XXXXXXXXXX」と「UA-XXXXXXXXX-X」でリンクが貼られているためで、削除するにはそのリンクを解除する必要があります。

 

21-2-接続解除

「UA-XXXXXXXXX-X」側の画面を出して、「GA 4設定アシスタント」を選び「接続解除」を押します。
これでリンクが解除できたので、「G-XXXXXXXXXX」も「UA-XXXXXXXXX-X」もゴミ箱に入れることができます。

 

Google Analyticsの導入手順は以上になります。

 

 

hajizo
では、おやすみなさい~