Google AdSense 広告ブロックによる損失収益の回復について【AdBlockを回避する方法】

Google AdSenseの広告をブロックする機能拡張「AdBlock」を回避する方法について。

AdBlock・広告ブロックとは

インターネット広告をブロックして、ウェブページを見るときに広告が表示されないようにするツールやアプリのことです。

例えば、お気に入りのウェブサイトやYouTube、SNSを観るときに、邪魔な広告が表示されなくなります。AdBlockを使うと、ウェブサイトがすっきり見えて、広告が気にならないようになります。

AdBlockは広告業者や悪意あるマルウェアからユーザーのプライバシーを保護する機能も備えています。一般的には、Webブラウザの拡張機能として提供され、主要なブラウザに対応しています。

 

記事を読む側からすればありがたい機能拡張ですが、Google アドセンスで収益を得てる側からすると非常に迷惑な機能です。

この広告ブロックを回避するためのメッセージ機能がGoogle アドセンスには用意されているので、今回はその設定について解説します。

 

「広告ブロックによる損失収益の回復について」で、出てくるようになるメッセージとは

Google AdSenseの「広告ブロックによる損失収益の回復について」を設定するとでてくるポップアップメッセージは下記のようなものです。

 

「プライバシーとメッセージ」設定を出します

Google AdSenseにログインします。

  1. 左上のメニューボタンを押します。
  2. メニュー「ボプライバシーとメッセージ」を選びます。

 


「収益化」の「広告ブロックによる損失収益の回復」にある「管理(歯車アイコンでも同じ)」を選びます。

 


「メッセージの作成」を選びます。

さらに下記でAdBlockの解除を促すためのポップアップメッセージの編集を解説します。

 

AdBlockの解除を促すためのポップアップメッセージの編集

ポップアップメッセージのプレビューが用意されています。(下記③の部分)
デフォルトでは英語なので、あなたの記事を読むユーザーが日本人であれば日本語表示に変えます。
では各所を解説していきます。

③のポップアップメッセージのプレビューについて

あなたのサイトを見たユーザーがAdBlockを入れている場合には、ポップアップメッセージでAdBlockを「AdBlockを解除して下さい。」と言う旨のメッセージを出します。

そのプレビューがここに表示されるので表示したい文章に書き替えます。(三カ所とも書き換えられます。)

 

②の「設定」について

上記で表示されている画面が出ます。

 

②の「スタイル」について

ポップアップメッセージの文面、色、書体などを下画像のように変更できます。

 

①の「サイト」について

「サイトを選択」を選びます。

Google AdSense に登録されている URL が表示されます。

  • ポップアップ メッセージを表示させたいサイトだけに「チェック」をつけます。
  • 「サイト名を追加」は変更する必要はありません。
  • 「ロゴ」については設定を要求されるので、クリックし、要求されたサイズの画像(サイトロゴを使用しているのであればそれ)を使用します。
  • 「カスタムチョイス URL を追加」、これは設定する必要はありません。
  • 「フッター URL を追加」、これは設定する必要はありません。
  • 全ての設定ができたら下の「確認」ボタンを押します。

なお、この時点で設定が完全に保存されたわけではなく、その1つ先にある上部の「 変更を公開」のボタンを押す必要がありますが、他にも設定をする部分があるのでここではまだ押しません。

 

①の「ページの包含と除外」について

ここは、初回に設定する画面では何も出てきませんが、一旦設定を完了して、再度開くとURLの指定ができるようになります。

広告ブロックによる損失収益の回復メッセージを表示するページと表示しないページを選択できます。表示しないページの設定は表示するページの設定より優先されます。

これも必要なければ設定しません。(指定しなければ、全ページにポップアップ メッセージが表示されます。)

 

①の「言語」について

日本語表示やその他必要な言語選択が出来ます。

 

①の「配置」について

  • 中央のモーダル・・・ポップアップメッセージを中央に配置します。
  • 中央のモーダル(閉じることができない)・・・ポップアップメッセージを中央に配置し、閉じるボタンボタンを非表示にします。
  • 下部に固定・・・ブラウザ下部に固定位置します。

 

①の「ユーザーの選択」について

ここは現在が設定できないようです。

 

①の「ユーザーの選択」について

ここはデフォルトのままで設定の必要はありません。

 

①の「アカウント設定」について

ここはデフォルトのままで設定の必要はありません。

 

設定画面は以上です。

 

全ての設定が済んだら、上部左側の「変更を公開」ボタンを押します。

本当に公開するのかと再度確認が出るので、「公開」を選びます。

下のような画面がでます。なお、数値については数日経たないと集計の結果が表示されません。また、私の場合には英語版のメッセージと日本語版のメッセージ、2つを作りました。

 

次はこの設定を表示させるためのタグの貼り付けです。
「タグ設定」のタブをクリックします。

 

タグの貼り付け

上部の「タグ設定」のタブをクリックしタグを出します。

 

タグは2箇所ありますが、1つ目のタグだけを貼り付け、2つ目のタグは省略して構いません。

貼り付ける場所は<head> タグと </head> タグの間です。

 

全てのページに手動でタグを貼り付けるのは現実的ではないので、ワードプレスのテーマに用意されている機能を使い、1箇所にタグを貼り付ければ全てのヘッダー部分にタグが反映される機能を使いましょう。これは使っているテーマによって設定する場所が異なるので、不明な場合はマニュアル等を参考にしてください。

 

なお、各テーマで用意されている場所にタグが保存できない場合には、サーバー側の設定で「WAF」を一時的にオフにすることにより保存できるようになる場合もあります。

 

タグを貼り付けた後、数分待つと下記の様にポップアップメッセージが出るようになります。

 

 

以上、Google AdSenseの広告をブロックする機能拡張「AdBlock」を回避する方法についてでした。

 

 

hajizo
おやすみなさい~
SSL GMOグローバルサインのサイトシール