logo_google_adsense

Google AdSenseからの住所確認(PINコード郵送)

PINコードとは

Google AdSense の登録をした際に、入力した住所が間違っていないか確認するためにGoogleからハガキが届きます。そのハガキに記載されている数字列を入力することにより住所の確認が出来ます。
その数字列をPINコードと呼びます。

 

住所確認のお知らせ

AdSense での収益が認証の基準額(1000円)に達すると、お知らせがAdSense画面に表示され、同時にメールも届きます。

 

Google-AdSense-HP

赤い帯で「お客様の住所の確認が完了していないため、お客様のお支払いは現在保留中となっています。」というメッセージが出ます。
また送付された PIN コードを入力するための「請求先住所の確認」という欄も表示されます。

 

個人識別番号(PIN)お知らせメール

個人識別番号(PIN)を記載したハガキを発送したと、お知らせメールも届きます。

 

PINコードのハガキが届かない場合

まず大前提として、金銭支払いのための登録なので郵便番号・住所・名前などは正確に記載します。
全角半角などもしっかり確認します。ニックネームなどでは決して登録しないでください。 

AdSense ヘルプを見ると PIN コードのハガキが届かないと言う質問が多く記載されており、プロダクトエキスパートによる助言や解決に至るまでの経緯がまとめられています。

AdSense へのメールフォームなどは無い様なので、申請の停止措置を食らった場合にはAdSense ヘルプへ質問をして、解決方法を教えてもらうのが一番の様です。

AdSense ヘルプ

 

個人識別番号(PIN)を記載した郵便

「PIN が郵送で届くまでには、通常 3 週間程度かかります。」となっていますが、私の場合は6月23日にお知らせが表示され、7月6日にハガキが届きました。

 

Googleアドセンスから郵便-表

ハガキ表面

 

Googleアドセンスから郵便-裏

ハガキ裏面

 

私のPINコードが記載されているので、この数字を所定のカ所に入力します。

 

PINコードの入力

Google-AdSense-HP

「請求先住所の確認」の「確認」をクリックしPINコードを入力します。
確認ができた旨、メッセージが表示され、赤帯の注意書きのメッセージ欄が消えます。

これでPINコードの入力が済みました。

 

  • PIN コードを3回間違えて入力するとロックされます。
  • PIN による住所確認が最初の郵送日から 4 か月以内に行われなかった場合、広告配信が停止されます。

 

PINコードを3回間違えた場合

GoogleAdsenseの住所確認でPINコードを3回間違えると広告配信が停止されます。
収益化が停止されるという事ですね、非常にイタイ事態です。

AdSense ヘルプを見ると、PIN コードを3回間違えて広告配信が停止されてしまった方の対応の経緯がいくつも載っています。
まずはプロダクトエキスパートの方に質問をするのが近道の様です。

AdSense ヘルプ

 

hajizo
おやすみなさい~