「AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート」の対応

「AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート」というメールが来ました。今回はページ単位での配信停止ですが、放置してサイト全体が広告配信停止にされては困るので早速対応していきます。

ポリシー違反と指摘を受けたメール

ポリシー違反レポート-メール

AdSenseからポリシー違反を指摘されたメールが届きました。
文面ではサイト全体の違反ではなく、特定のページが違反しているとの事、また、違反のないページは広告配信が継続されるとあります。

メールには違反ページのURL記載が無いため、自分で探せということなのかと戸惑いつつ、赤枠をクリックしてみるとありました♪

 

問題のあるサイト

AdSenseのページに飛び、ポリシーセンターに「問題のあるサイト」が出てきました。更に赤枠をクリックすると対象のURLと違反内容も記載されています。

違反と指摘されたものは2ページと分かりました。

  • A-要修正[はい]
  • B-要修正[いいえ]

直近でアップしたページに問題があるのかと思っていたのですが、そうではなく、半年前にアップしたページが今頃チェックに引っ掛かった様です。
いつ違反と言われるかは分からないという事ですね。

 

ポリシー違反の対応方法

AとBをクリックするとポリシー違反の詳細が展開されます。

A-要修正[はい]

A-要修正-はい

対処方法<オプション1>

記事の中にある該当部分をポリシー違反にならない様に修正し、「審査をリクエスト」をクリックすると、再度広告配信が可能か Google によって審査が始まります。

対処方法<オプション2>

記事の修正を望まない場合にはこちらを選びます。 Google AdSense からの広告配信はそのページだけ止まりますが、サイト全体の構成上その記事を削除したくないという時にはこちらを選びます。

該当ページを削除すると他の記事との関連が取れなくなってしまうので、今回は記事を修正することはせず、そのページだけ広告配信を停止してもらう設定を選びました。

 

ページ単位での配信停止方法

除外するページを登録します。

配信停止方法1

Google AdSenseにて、左メニュー「広告」の「サマリー」を選ぶと、登録サイト一覧が出ます。
修正するサイトの右端のペンアイコンをクリックします。

 

配信停止方法2

右メニュー下のページ除外の「管理」をクリックします。

 

次の画面で出る「+ 除外設定を追加」をクリックします。

 

配信停止方法3

http(https)やwwwは記述しません。

「このページのみ」

除外するのが1ページだけの場合にはこちらを選び、URLを記載して「追加」をクリックします。

「このセクションのすべてのページ」

除外するのが該当するディレクトリー配下全体の場合にはこちらを選び、URLを記載して「追加」をクリックします。

 

配信停止方法4

広告配信から除外するURLが登録されました。
更に登録する場合には「+ 除外設定を追加」をクリックします。
上部、ページ除外の管理の左の矢印をクリックします。

 

配信停止方法5

ページ右側最下部を見ると除外ページがカウントされています。
「サイトに適用」をクリックして今までの設定を確定させます。

 

これで、指定ページへの「自動広告」の配信停止は完了です。
広告配信を停止したので再審査を申し込む必要もありません。

ここでの掲載停止作業は「自動広告」に対しての設定です。
個別の「広告ユニット」は停止しないので、ページ単位で「広告ユニット」用タグを消しましょう。

 

B-要修正[いいえ]

B-要修正-いいえ

文面から察するに、「Google的には問題無いよ、でも一部の広告主から広告配信の停止要望が入ったけどどうする?」って感じですね。どうすると言うのは、

  • 該当ページを広告配信停止の対象ページに登録する選択
  • 違反は無いと判断し、一切の修正をせず再審査を依頼する選択

結局、該当するページには違反と思われる箇所が見当たらなかったので、修正などはせずに再審査を希望することとしました。
「審査をリクエスト」をクリックします。

 

再審査方法1

チェックを入れ「審査をリクエスト」をクリックします。

話がそれますが、画像内に「1個の審査リクエストを使用しています。送信すると、使用可能なリクエストは残り199個になります 。」とあります。
これは、このサイトがあと残り199個しかリクエストが使えないという訳では無く、月にこの回数までという意味らしいです。ある程度の規模のサイトはリクエストも多いという事なのでしょう。
Google Adsenseヘルプ(ポリシー違反審査リクエストの数)

 

再審査方法2

ステータスが「審査中」になりました。

 

再審査の結果、やはり違反という判断がなされれば、このページだけ広告の自動配信から除外するとともに、個別の広告ユニットを削除する作業が必要になります。

もしくは、広告の配信を継続したい場合には、ページの内容を修正することになります。

 

 

 

以上、「AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート」の対応でした。

 

 

hajizo
おやすみなさい~
SSL GMOグローバルサインのサイトシール