【さくらインターネット】「ドメイン設定」の手順、ドメインやサブドメインとサーバーのフォルダの関連付け

さくらインターネットの「ドメイン設定」の手順、ドメインやサブドメインとサーバーのフォルダの関連付けについて。

さくらインターネットのコントロールパネルへの入り方

まず、さくらのレンタルサーバーのコントロールパネルを開きます。コントロールパネルへのログインの仕方は2通りありますが、不明な場合は下記をご覧ください。

 

さくらインターネットの「ドメイン設定」の手順

さくらインターネットのコントロールパネルを出します。

メインメニュー「ドメイン/SSL」から、サブメニュー「ドメイン/SSL」を選びます。

 

その中から設定をするドメインの「設定」を選び、さらに「基本設定」を選びます。

 

① ドメイン利用設定

「マルチドメインとして利用する」を選択します。もう1つは ブログ用なので関係がありません。
「www.が付与されたサブドメインも利用する」にチェックを入れると、

  • https://takaibiki.***.com
  • https://www.takaibiki.***.com

両方の URL が有効になります。

② Web公開フォルダ

URL と 関連付けられるサーバー上のフォルダを指定します。今回は「takaibiki」とします。サーバー上に同じ名前のフォルダを作る必要があります。作り方はこの下で解説してあります。

③ Ipv6アドレスの使用

ブログや 企業ページなどの一般的なホームページでは チェックする必要はありません。

④ SSLの利用

ホームページやブログを公開する際は、「SSLを利用する」を必ずチェックします。
ここがチェックできない場合には、無料なのでSSLの設定ページで利用できるようにしておきましょう。(無料でできます。)

⑤ HTTPS転送設定

ホームページやブログを公開する際は、「HTTPSに転送する」を必ずチェックします。SSL設定をしている場合、チェックを入れる事で[http://example.jp]から[https://example.jp]に転送します。
ここがチェックできない場合には、先に上の「SSL利用する」にチェックを入れます。

⑥ www.転送設定

  • www.example.jp に転送する
    wwwなしのURLから、wwwありのURLへ転送します。
  • example.jp に転送する
    wwwありのURLから、wwwなしのURLへ転送します。
  • 転送しない
    転送は行いません。

特にこだわりがなければ、「転送しない」のままで大丈夫です。

 

ドメインやサブドメインとサーバーのフォルダの関連付け

Web公開フォルダに「takaibiki」という名前を付けたので、サーバー上にも同じ名前のフォルダを作り、「ドメイン(サブドメイン)とサーバーのフォルダの関連付け」をします。

メインメニュー「Webサイト/データ」から、サブメニュー「ファイルマネージャー」を選びます。

 

空白部分で右クリックし、メニュー「表示アドレスへの操作」から、サブメニュー「フォルダ作成」を選びます。

画像に示している通り、「www」が同じ階層になります。

その1つ上の階層「***」は契約者のサーバー設定に関するファイル群が納められています。
さらに上の階層「home」に移ると、サーバーの同じディスク領域を使用している他の契約者のフォルダを見ることができます。ただし、これはファイルマネージャーでは見られないので、FTP ソフトなどでつないだ場合の話です。

 

フォルダ名「takaibiki」と入れ「OK」します。

 

「takaibiki」フォルダができました。

 

あとは、この「takaibiki」フォルダにHPデータをアップしたり、ワードプレスをインストールすれば、ブラウザでホームページが表示されるようになります。

 

 

以上、さくらインターネットの「ドメイン設定」の手順、ドメインやサブドメインとサーバーのフォルダの関連付けについてでした。

 

 

hajizo
では、おやすみなさい~
SSL GMOグローバルサインのサイトシール