windows11-logo1

Windows 11 画面の色や透明効果をつけ自分好みに変更しよう[設定>個人用設定>色]

Windows 11 画面の色や透明効果の設定について解説します。自分好みの画面にすれば作業もきっとはかどります。

設定の開き方

設定の開き方-1

画面下の「スタートボタン(Windows アイコン)」をクリックし、現れた画面の右上の「設定」をクリックします。

色-1

左メニュー「個人用設定」を選択し、右側の「色」を選択します。

 

モードを選ぶ

モードを選ぶ-1

「モードを選ぶ」では「ライト」「ダーク」「カスタム」が選べます。

  • ライト
    画面全体を明るい色になります。
  • ダーク
    画面全体が暗い色になります。
  • カスタムの「規定の Windows モードを選択してください」
    タスクバーやスタートメニューの色を変えます。
  • カスタムの「不定のアプリ モードを選択します」)
    アプリやフォルダの色を変えます。

 

透明効果

透明効果-2

透明効果のオンオフを切り替えれば見た目が美しくなります。

 

透明効果-1

左が「透明効果」を「オフ」にしたもの、 右が「透明効果」を「オン」にしたものです。右がデスクトップ画像が半透明に見えています。

 

透明効果は見た目を美しくする反面、リソースの消費が大きくなります。視覚効果に興味のない場合やパフォーマンスが低下すると感じられる場合には「オフ」にしてみましょう。
また、【ここ】からもパフォーマンスの設定が出います。

 

アクセントカラー

スタートメニューやタスクバー、設定画面などの色を変更できます。

アクセントカラー-1

特に色に対するこだわりがなく自動的にアクセントカラーを設定する場合は、「アクセントカラー」の「自動」をクリックします。

手動」で色を決める場合には下記の様に設定します。

  • 最近使用した色
    過去に設定した色が表示されます。
  • Windows の色
    この中から好みの色を選ぶことができます。
  • ユーザー設定の色
    「色の表示」を押すとカラーパレットが立ち上がり好みの色を設定できます。
  • スタートとタスクバーにアクセントカラーを表示する
    スタートメニューとタスクバーの色を、上で選んだ色に設定する場合は「オン」を選びます。
  • タイトル バーとウィンドウ枠線にアクセントカラーを付ける
    タイトル バーとウィンドウ枠線の色を、上で選んだ色に設定する場合は「オン」を選びます。

 

 

 

以上、Windows 11 画面の色や透明効果の設定についての解説でした。

 

 

hajizo
では、また~
SSL GMOグローバルサインのサイトシール