2-Snipping Toolアプリ画像

Windowsで画面のスクリーンショットを撮ります【簡単】

Windows の画面を保存(画面キャプチャー)する方法は下記の3つあります。

  • Print Screen
  • Snipping Tool
  • 切り取り&スケッチ

Print Screen

キーボードの上の方にある小さめのボタンに「Print Screen」または「PrtScn」と書いてあるものがあります。
保存したい画面でこのボタンを押すと、画面全体をクリップボードにコピーしてくれます。
クリップボード自体は見えないので何かしら画像を見るソフトで表示する必要があります。

例えば、「スタートボタン」>「Windows アクセサリー」>「ペイント」のソフトを開いてペースト(貼り付けctrl+v)をすれば画像が貼り付けられます。

Snipping Tool

1-Snipping Tool呼び出し場所
「Windowsスタートボタン」>「Windowsアクセサリ」>「Snipping Tool」より起動します。
これはWindows7から使えるようになりました。
2-Snipping Toolアプリ画像

モードメニューを選択して、「欲しい部分だけを囲む」「四角い領域を決めて切り取る」「特定のウィンドウだけを切り取る」「画面全体を切り取る」の4種類の切り取り方法があります。

切り取った後は、名前をつけて任意の場所に保存したり、画像上にメモなどを書き込むことができます。

切り取り&スケッチ

3-切り取り&スケッチ呼び出し場所
「Windowsスタートボタン」>「切り取り&スケッチ」より起動します。
これはWindows10の途中から使えるようになりました。
4-切り取り&スケッチアプリ画像

機能としては Snipping Toolの機能に加え、新たな書き込み方法として「タッチによる手書き」と言うタブレットでも使いやすい様に改良されています。

切り取った後に画像が出てきませんが、タスクバーが点滅しているのでクリックすると表示されます。

 

以上、知っていると何かと便利な画面キャプチャーの方法でした。

 

 
hajizo
では、おやすみなさい~