apple-rogo

MacOS Monterey 12 にアップデートしてみました【各種ソフト動作確認】

mac apple-rogo

MacOS 12 Monterey にアップデート

10/27に Mac OS のアップデートが配信されたので早速インストールしてみます。
なお今回のアップデートの注目はFaceTimeの機能強化やクイックメモの追加です。

アップデートが届きました

午前中、ふと見るとアップグレード通知が来ていたので早速アップグレードすることにします。

 

ファイルサイズが大きめです

02-ダウンロード容量

12.13GとNURO光でも10分近くかかる様で容量を空けておく必要がありそうです。

 

無事ダウンロード終了

03-インストール開始ボタン

ダウンロードが無事終了しました。インストールを開始します。

 

インストール開始

04-インストール時間

ファイルサイズが大きいのでインストールも60分近くかかる模様です。

 

新しいデスクトップ

06-更新後の初期デスクトップ

新しいデスクトップが出てきました。ちょっと味気ない気がします。

 

 

場所が変更された項目

05-parallels機能拡張

Parallels Desktopについての注意メッセージが出てきました。これはこのまま OK します。

 

アップグレード自体は何の問題もなく無事に終了しました。

 

アップデート後の各ソフトの動作確認

ウイルスバスター

付随するアップデートなどはなくそのまま動いています。

 

カスペルスキーインターネットセキュリティー

以前の OS アップグレードの時には、このソフトを一旦終了しないとアップグレードが出来なかったのですが、今回はそのまま起動していてもアップグレードが出来ました。
アップグレード後も問題なく動いています。

 

ブラウザ類

Safari、Google Chrome、Firefoxとも問題ありません。

 

Microsoft 365(サブスクリプション)

OS のアップグレードに連動したアップデートなどは無い様です。
5つのソフトとも特に問題なく動きます。
Outlook と Excel は頻繁に使うのでまずは一安心です。

 

Adobe Creative Cloud

10-Adobe-Creative-Cloud

OS のアップグレードに連動したアップデートがあるようで、主要ソフト全てにアップデートが入りました。

 

Parallels Desktop 16

Parallels Desktop 16は問題なく動きます。

 

Parallels Desktop 15

11-1-Parallels-Desktop-15通知

Parallels Desktop 15を起動すると、上記の様なメッセージが出てきました。Mac OS Monterry 12は正式にサポートしていないと明記されています。2世代前のバージョンということでそれも仕方のないことですね。

 

ただ、コントロールセンターを起動してみると下の記事で触れていた「起動アイコンが消える不具合」が解決されていました。

関連記事

MacOS Big SurでParallels Desktopが動かない Macで新OSとなるMacOS Big Surが出ましたね。 後先考えずにインストールした後で、ふと気になってParallels Desktop 14を起[…]

1-imgファイル展開

11-1-Parallels-Desktop-15ボタン

Windows10を起動してみるとサクッと立ち上がりましたが、タスクバーのアイコンが一部欠けていたり、動作に微妙な違和感があるので何処まで使えるかは不明です。

 

その他のソフトも確認

  • 仕事に使っているFTPソフトのCyberduckも問題なし。
  • VLC Media Playerも問題なし。
  • Visual Studio Codeも大丈夫。

 

 

以上、簡易レポートでした。

 

 

hajizo
では、おやすみなさい~