強制労働

2021年4月より中小企業でも「同一労働同一賃金」

同一労働同一賃金とは

同じ会社で仕事が同じ内容であれば、同じ額の基本給がもらえるというもの。
勿論、ボーナス、福利厚生も含みます。

同一労働同一賃金特集ページ:厚生労働省

ようやくか、という思いですが本当に実現するのでしょうか?

 


 

福利厚生も年間所得も、正社員に比べ圧倒的に不利な非正規社員。
この人たちが労働現場で大半を占め、事ある毎にニュースで取り上げられつつも、ずっと変化のなかった状況がようやく2021年4月の法改正で変わろうとしています。
大企業を対象とした法改正は、既に2020年4月に施行されているのですが、本当に法改正の効果が出てくるのは、2021年4月の中小企業を対象としたものです。

これにより非正規社員でも、同じ会社で、仕事が同じ内容であれば、正社員と同じ額の基本給がもらえるようになります。

非正規で働く人たちからすればとても明るいニュースです。

ただ、会社側からすれば、給与、ボーナス、福利厚生も正社員と同じ待遇にしなければいけないということです。

中小企業にそこまで体力があるのでしょうか。

非正規雇用の人口は2000万人と言われていますが、 コロナ禍のこのタイミングで改正法が施行されて、 倒産する企業が輪をかけて多くなりそうな気がします。

強制労働

非正規社員でも、正社員と同じ待遇となるなら嬉しいです。
でも、今の状況では非正規社員から失業者という流れにならないか心配です。

本当に非正規社員の待遇が改善されるのであれば、モチベーションも上がり生産性の向上へ繋がるので、社会全体が明るくなります。
さらに先のことを考えれば少子化への歯止めにもなるでしょう。

 

でもねぇ・・・
今までの流れからすると・・・・
声を大にして言えませんが・・・

 

 

hajizo
形骸化して終わりでしょ。